Nascita ~ナシータ~  

☆~ 心も身体も気持ち良~い毎日のために ~☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩のパワー

塩分の多い食事は身体に悪いと言われていますが、この塩とは塩化ナトリウムの純度が高く他のミネラル分をほとんど含まない精製塩です。

本来、私たちに必要な塩とは海水を凝縮したもので、塩化ナトリウムだけでなく、マグネシウム・ナトリウム・カリウムなど海水分のさまざまなミネラルをバランスよく含んだ天然塩です。
ミネラル豊富な天然塩は、殺菌作用、食品の添加物・有毒物質・体内の老廃物の排毒作用、血行促進、新陳代謝の促進などの効能があります。

人間の体は、ややアルカリ性側に保たれているのがベストですが、ミネラル不足は酸性体質になり、体内が酸性に傾くと体の抵抗力が弱まって病気になりやすくなってしまうのです。

食べるだけでなく、塩で体を洗うと皮膚から皮脂や老廃物や有毒物質が排出されて肌がすべすべ。
顔は特にお湯で溶いて使うといいですが、慣れてきたら身体は直接塩で洗ってもOK!

塩は肉体面だけでなく、エネルギーの浄化もしてくれますね。
古来から浄化でお馴染みなのが、お清め、盛り塩。
マイナスのエネルギーを塩が吸収してくれます。
ストレスが溜まっているなど、気分的にスッキリしない人は、塩で体を洗ってみてください。
身体を洗う塩は安い粗塩でも十分効果がありますOK

これからはミネラル分の多い天然塩をしっかり摂って、身体は元気、心はスッキリになりましょ~♪


参考著書
日本の塩100選―海からの贈りもの
日本人には塩が足りない!―ミネラルバランスと心身の健康
冷え性・便秘・肥満・アレルギー症 病気に効く「天然塩」健康法―ミネラルバランスのとれた天然塩で健康できれいな体になる
スポンサーサイト

予防接種

新型インフルエンザのワクチン接種が始まりましたね。
新型に限らず、私の両親は毎年インフルエンザの予防接種を受ける派です。
せっかく体の浄化をしているのですから私は予防接種を受けない派です。

予防接種といえば、生後の乳幼児期から各種のワクチンを接種してきました。
副作用で後遺症が残ったり、また死亡にいたる例もあったことから、今は任意としているものもあるようですが、例えばポリオが日本で猛威を振るっていたのは今から50年ほど前。
いまや国内でポリオの自然発生はなく、世界的にも流行が限られているという状況のなか、副作用のリスクを上まわる、接種の大きなメリットがあるのかどうか。

自然感染でいくつかの子供の病気にかかることは有益な面があり、罹ることで免疫系を準備し、強化するのに有効です。
予防接種でつけた免疫は無期限ではなく、大人になって水疱瘡やはしかに罹り、大事に至ることもあります。
受けるべきかどうかは賛否両論で、保護者の方は子供の予防接種について、いろいろな情報を元に選択されると良いと思います。

今回の新型インフルエンザワクチン接種の副作用の報告状況もすでに出ています。

なぜ副作用が起きるのか。
接種したウィルスや細菌の組織は、知らないうちに活性化したりするなどいつ何が起こるかわからない。
そしてワクチンには、アジュバント(抗原性補強剤)が含まれており、その中のホルマリンはウィルスが活動しないようするためですが発ガン性が高いといわれ、防腐剤である水銀化合物のチロメサールは神経毒として知られており、水酸化アルミニウムはアルツハイマーやアレルギー進行と関連付けられています。

私は、3年前に受けた毛髪ミネラル検査で有害ミネラルの水銀値が高レベルに達していて(歯の治療で長い間アマルガムを入れていたので予防接種だけが原因ではないでしょうが)、いませっせとデトックスに励んでいます。

「瞬時の副作用としては、痙攣、てんかん、永久的脳障害、アナフィラキシー(致命的なアレルギー)反応、乳幼児突然死症候群(SIDS)、網膜と脳出血、そして死。
深刻かつ長期に渡る副作用としては、メディカル・リポートによると、過去に比べて子供は健康でなくなってきている。全子供の40%以上は、慢性的な症状に苦しんでおり、それは、集団予防接種が導入される前は聞いた事がないものである。ワクチンは急激に増加している喘息、湿疹、食物アレルギー、慢性的な耳の感染症、インシュリン依存糖尿病、関節炎、若年性関節リウマチ、自閉症、注意欠陥症、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、多動、統合失調症、多発性硬化症、ガン、そして、他の多くの慢性疾患や自己免疫疾患と関連付けられている。」
参考資料:日本ホメオパシー医学協会

接種後、生ワクチンの場合は数ヶ月間、不活化ワクチンの場合は1ヶ月間、体調の変化や異常があったら副作用の可能性も考えてみてください。

また実際、肉体的に副作用としては表れなくても、ワクチンに含まれる物質のネガティブな波動は、私たちの精神面や感情面にも少なからず影響を及ぼします。
フラワーエッセンスやホメオパシー的には、自然感染で病気に罹りきる(自己治癒力で快復する)ことは、免疫力の向上だけでなく、スピリチュアルな浄化にも繋がります。

インフルエンザの予防接種を受けなくても、私はこれまで一度もインフルエンザに罹らずに済んでいます。
日頃から食生活や生活習慣に気をつけて、ストレス発散し、免疫力を高める心身作りに努めましょ~。

参考著書
予防接種は果たして有効か?
予防接種み~んなまとめてチェック!



ホメオパシー

頭が痛い。。。そして鎮痛剤を飲んで痛みを抑えます。
頭痛を薬で抑圧しただけで、頭痛の原因の解決・解消には至っていませんから、頭痛はまた起きます。
フラワーエッセンス同様、ホメオパシーでは症状を抑圧するのではなく、症状を出し切れるように後押しします。そうして初めて心身ともに健康になると考えます。 私達の心や細胞が抱える不自然なパターンを解放し、体の芯から健康を取り戻す自然療法、それがホメオパシーです。

私も、フラワーエッセンスとホメオパシーを併用しています。
今は白砂糖・白米・精製小麦粉の環境対策レメディー「シロ」を摂り、最近は甘いものが以前ほど欲しくなくなってきました。
以前はいくつも食べられたのに、砂糖をたくさんまぶした甘納豆などは一粒食べるとその先もう手は伸びず、むしろ胃がムカムカしてきます。

「シロ」のほか解毒を促がすレメディによって、以前金属アレルギーが出たときにステロイド剤を使って抑圧したことのデトックスとなっているのか、手のひらに金属アレルギーのときと同じ症状がでています。
2ヶ月以上続き、出る位置が変わり、範囲がだんだんと小さくなり、ようやく治まってきています。
もうすぐ出し切れるのかもしれません。

ホメオパシーについては8月9日の癒しフェア由井寅子先生の講演が催されます。
ホメオパシーが何かを知るよい機会です。
是非お出かけになってみてはいかがですか?


ゆがみ

船橋カイロプラクティックの鈴木先生に「カイロプラクティック哲学」の本をご紹介いただきました。
一般的にカイロプラクティック療法は「骨のずれを矯正すること」として、骨格のゆがみを矯正したので腰痛が治った、肩こりが治ったと思っている方が多いようです。私もその一人でした。
しかし、「カイロプラクティック哲学」では骨格の矯正は手段であって、本来の目的は「神経系の働きを正常に戻すこと」としています。
過剰でも過少でもどちらも正常ではない状態で、またその正常の基準は人それぞれ異なります。

姿勢の悪さや怪我などの外傷による身体的負荷によって骨格にゆがみが生じる(エネルギーバランスが崩れる)→神経系が正常に働かない→身体に不調が起こる→さらには病気になる。
しかし、それ以外に日常生活用品、飲食物、薬品、空気など有害物質による科学的負荷、そしてストレスなどによる精神的負荷によって、神経系に異常が生じる(エネルギーバランスが崩れる)→筋肉など身体の機能に不均衡が生じて骨格にゆがみが生じる→神経系が正常に働かない→身体に不調が起こる→さらには病気になる、という見方もしています。

「カイロプラクティック哲学」では、身体の訴え(症状)は骨格のゆがみだけでなく、肉体の機能的ゆがみ、精神的ゆがみのすべてが影響しているとホリスティックにエネルギーバランスの崩れ(ゆがみ)をみていますが、これはカイロプラクティックだけでなく、フラワーエッセンスにも、そしてその他の代替療法にも当てはまります。
カイロプラクティック・鍼灸・マッサージ・フラワーエッセンス・ホメオパシー・漢方・音楽療法・色彩療法・温泉療法など、様々な療法によって心身ともに矯正、解毒、浄化されて本来あるべき個々の正常な状態に戻っていくのです。

病気だけでなく、日常の悩みや問題もエネルギーバランスの崩れによって起こるといえます。
「どうせ無理に決まっている・・・」と思うネガティブな思考が現実に現れたりします。
「無理かもしれない」とネガティブな思考が出てもいいんです。でもそこに「でもやるだけやってみよう」というポジティブな思いを足すだけでエネルギーの流れは変わります。

肉体的か精神的かの直接的な働きかけ方は療法によって異なりますが、腰痛治療に通ったら不眠症も改善した、神経質な性格を改善しようとセラピーを受けたらアレルギー体質も改善した、また身体の調整をしたら甘いもの・アルコール・煙草が欲しくなくなった、精神的に安定してきたら肩こりが前よりつらくなくなった、食生活を変えたらイライラがなくなったなど、精神、感情、肉体すべてに関連して変化が起こりえるのです。

どの療法を選択するかは、そのときの自分の身体やハートの声を聞いてみるのが一番です。
肉体的療法や精神的療法を併用するのもよいでしょう。
そして、趣味など心から楽しいと感じることをしてリラックスできる時間を持ち、心地よい気分を少しでも持続することが、本来あるべき正常な状態に戻すことへのアクセルになります。


カイロプラクティック

きっかけは去年の初冬に軽いぎっくり腰をやってしまったことからでした。
ものを置こうと腰を曲げたときに「ギクッ」!
何とか動くことはできたので、腰をかばいながら自然快復。
でもこのままではいけないと思っていたところ、目に付いたのが
船橋カイロプラクティックオフィスでした

「寒いこの時期、筋肉も冷えて硬くなっていることが多いので、ぎっくり腰になる確率は上がります」と鈴木先生のブログでも仰ってます

そこから始まったカイロプラクティック通い。
骨格の歪みを整えることは、肩こりや腰痛などの痛みをとるだけではないんですね。

カイロプラクティックは、骨格の歪みを調整し、背骨の間から出ている神経の働きを回復させることによって、身体本来が持っている治癒力、回復力を引き出してくれるのだそうです。
身体を整えることで自律神経のバランスも整えて、くつろぎの副交感神経を優位にして、身体だけでなく心も気持ちよくしてくれます。

職場や家庭での日常の精神的ストレスは様々な身体の不調を引き起こしますが、そればかりではなく、猫背になる、足を組むなどの不良姿勢習慣からの背骨の歪みにより、自律神経のバランスが崩れると、だるさ、不眠、めまい、のぼせ、冷え、耳鳴り、動悸、頭痛、下痢、憂鬱感などの症状を引き越す原因ともなります。

背筋を伸ばして歩くように、足を組んで座らないようになど、日頃から身体の癖を意識していることが心を軽くしてくれることにも繋がるようです。

 | HOME |  »

FC2Ad

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

nascita

Author:nascita

Nascitaのブログへようこそ

下記サイトもどうぞよろしく



セラピー&ショップ

http://www.nascita.jp


最近の記事

カテゴリー

  

最近のトラックバック

 

ブログ内検索

クリック募金

おすすめの本

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。