Nascita ~ナシータ~  

☆~ 心も身体も気持ち良~い毎日のために ~☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験談 6

2本目のボトルを飲み始めてから、なぜか妙に心も体調も穏やかです。
怒りがキーワードのエッセンスがいくつかあったので、もっと情緒不安定状態に陥ってしまうかと思ったのですが…。
ちょうどいろんな(仕事などの)忙しさがひと段落ついたのもあったのかもしれませんが、いっぱいいっぱいだった気持ちも落ち着きました。
前は誘われると断れなかったりして結局自分の時間も削られてしまうことが多かったですが、最近は無理だなと思うときは無理と言えるようにもなり、自分の時間を取ることも出来るようになった気がします。それに、無理と言うことで、逆に周りの人が改めて自分のことを気遣ってくれるようになったようにも思います。
一番最初に八木さんのところに伺ったときは、頭と言うか、心の中が真っ白な霧で覆われているようで、自分でも混乱しているのはわかっているのに自分の足元も見えないくらいモヤモヤとしていてどうしたら良いんだという感じだったんですが。最近、少しだけ整理されてきたような気がしています。
仕事のことに関しても、家族のことに関しても、本当にちょっとだけですが変化が起こり始めて、少しだけ、霧が晴れてきたような感じです。
最近、さらに今まであんなに進まなかった事態が突然加速がついたような感じになっています。 いきなりスピードが上がったので、振り落とされないことを祈るばかりですが…。
実はかなり「捨てる」作業もあったんですよね。でもそれでも妙に穏やか…と言う感じで。
ショックもあるけど、それでも、受け入れて、意外にスルッと消化できてしまっていると言うか。精算の時期だったのかもしれないですね。
そういう精算をしたから、今まで滞ってた流れが流れていきなり加速がついたのかも?? (メールセラピー S様)
スポンサーサイト

星座の支配 2

太陽が1年かけて12星座を一巡りするのに対して、月は約1ヶ月で一巡りし、一つの星座に2~3日滞在しています。
これが月の星座といわれるもので、星座ごとに違った力をもち、生命界のいたるところに影響を及ぼします。なかには、月がおうし座に入ると頭が痛いとか、うお座のときには足の親指が痛むなど月が星座を変えるときを身体で感じる人もいます。

医学の祖といわれるヒポクラテスも月が身体に及ぼす影響力を認めていました。

●その星座の日に支配されているからだの部分や器官のために行う手当てはすべて、その星座の日には普段の倍の効果がある - ただし、手術は除く

例:うお座の日に足裏マッサージをする

●その星座の日に支配されているからだの部分や器官に特別な負担をかけたり、無理をさせることはすべて、その星座の日には普段の倍も不利に働く。あるいは有害でさえある。

例:おひつじ座の日に目の手術をしない、かに座の日はお酒を控える

★丈夫にするための手当ては星座が満ちていく月の期間のほうが有効で、その部分の浄化や解毒には欠けていく月のときのほうが有効です。

おひつじ座---頭、目、鼻、顔
おうし座----顎、喉、首
ふたご座----肩、腕、手
かに座-----胃、肺、肝臓、胆嚢
しし座-----血液、心臓、
おとめ座----大腸、小腸、脾臓、膵臓
てんびん座---腰、腎臓、膀胱
さそり座----生殖器、尿路
いて座-----大腿、静脈
やぎ座-----膝、皮膚、骨
みずがめ座---下腿、静脈
うお座-----(くるぶしから下の)足


参考著書 自分の力で―月の癒し より

星座の支配

友人のご家族が胃腸の手術をされるとのこと、手術の日について相談を受け、下記のアドバイスをしました。

「満月は絶対避けるべきですが、新月もパワーは強いので避けたほうがよいです。
13日の満月のあと新月に向かってパワーが減退し傷の治りが早いのでこの時期がいいですね。
しかし、14、15日はかに座で胃、胸などをを支配するので今回の胃の手術では避ける。
16、17日も心臓、血液循環、血圧などを支配するのでご年配であればこの日も避けた方がよい。
18日のおとめ座からは腸に移ります。お腹も手術に関連するならここも避けた方がよい。
そのあとの星座の支配は下半身に下がっていくので、今回の手術の日としては20~25日が良いと思います。 」

かつて月と星座の関係を知らずに、抜歯をして頬が腫れ痛みで数日食事もできないくらい大変な思いをしたことがあります。
あまりに治りが遅く、かかりつけのホメオパス(ホメオパシー治療において認定を受けた者)に相談したところ、抜歯をした日は一番避けるべき満月だったと教えてもらいました。
以後、月と星座の関係を気に留めるようになり、その後の開腹手術のときは、ホメオパスに相談し手術に適した日を予めみてもらいました。
おかげで快復も早く、傷口の痛みもほとんどなく、予定より早く退院することができました。

星座の支配を日常の生活に取り入れる一つとして、うお座の日のフットマッサージがあります。
うお座はくるぶしから下を支配します。
フットマッサージを時々される方は、うお座の日とそれ以外の日との効果や体の反応の違いを感じてみてください。


ムードレメディ・タイプレメディ

フラワーエッセンスには、「ムードレメディ」と「タイプレメディ」があります。
(レメディ=エッセンス)

ムードレメディには、緊急用のエッセンスと一時的使用のエッセンスがあります。
ムードレメディのひとつ緊急用は、バッチのレスキューレメディやコルテPHIのRQ5、RQ7などで、事故が起きたとき、ショックなニュースを聞いたとき、怪我をしたときなど、突発的なパニック・緊張状態のエネルギーの分散を防ぎ、急激なショックによってエネルギーを消耗したときにそのエネルギーバランスを正常な状態に戻してくれます。
緊急用ということで常用するものではありません。

また一時的な使用のエッセンスとして、コルテPHIのオーラスプレーやFESのヤロー・エンバイロメンタル・ソリューションは、コンピューター機器など磁器によるオーラの衰弱、あるいは不特定多数の人が集まる所で様々なエネルギーを受けて自分のエネルギーが消耗するときに使用すると効果的です。
人前でのスピーチなど極度の緊張があるときには、FESのフィアレスもおすすめです。
コルテPHIのデルフスプレーは、ホテルの客室など前泊者のエネルギーの浄化や、その他あらゆる場の浄化・活性化スプレーとしてとても効果的なスプレーです。

一方、タイプレメディと呼ばれるエッセンスは、長期に渡り自分の中にあるトラウマや基本的な特質、不必要な思考パターン、行動パターン、心の癖等に働きかけ、通常長期間摂る必要があります。
タイプレメディは、変化が表れ、エネルギーが定着し、改善したい問題が解消するまで同じエッセンスを摂り続けるのがよいでしょう。
反応の表れには、数日~数週間~数ヶ月と個人差があります。

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

nascita

Author:nascita

Nascitaのブログへようこそ

下記サイトもどうぞよろしく



セラピー&ショップ

http://www.nascita.jp


最近の記事

カテゴリー

  

最近のトラックバック

 

ブログ内検索

クリック募金

おすすめの本

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。