Nascita ~ナシータ~  

☆~ 心も身体も気持ち良~い毎日のために ~☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪の治し方

朝晩冷え込んだり日中気温が上がったりなど季節の変わり目で体調を崩し、風邪を引いている人が回りに増えました。

私流の風邪の治し方をご紹介します。
ゾクッときて微熱が出て、引き始めかなと思ったら、首の後ろの「風門」を使い捨てカイロなどで温め、生姜湯を飲み、早めに休む。
早期対策が効けばこれで翌日には治ります。

熱が上がり始め、日常生活がいよいよキツイなと思ったら、食事は摂らず、薬も摂らず、水分補給をこまめにしながら、暖かくしてとにかくひたすら寝る。
これで1~2日後にはスッキリ快復します。

食事は摂らず・・・
食事を摂ると、食べたものを消化しようと血液が消化器に集中して、身体のエネルギーはウィルス退治よりも消化~吸収~排泄を優先に働きます。
食物は、炎症を起こしている喉やその他臓器などにも負担がかかります。
体力をつけようと無理に食事をしなくてもウィルス退治がある程度治まると、今度は身体が栄養補給をしようとして、自然にお腹が空いてきます。

薬も摂らず・・・ (極度の高熱やインフルエンザ等はこの範囲外です)
熱は身体に入った異物(ウィルス)を退治しようと働いてくれていますが、解熱剤はウィルスと戦う力「自己治癒力」を押さえつけてしまいます。
抑圧された症状は、表面的には治まっても身体の中に残り、風邪の治りが遅かったり、治ってもスッキリしない状態が続きます。
また抗生物質は「抗生物質の害」にも影響します。
熱、咳、喉の痛み、鼻水、炎症などの症状は異物を排除し、身体を浄化しようとする自己治癒力の働きの現れです。

水分補給はこまめに・・・
脱水症状を起こさないように水分は常に補給することが大切です。
身体を温める生姜湯、塩分と糖分補給のイオン飲料などに、コルテPHIのK9を入れて自然治癒力を高めるとよいです。

寝る・・・
起きていると身体を動かすことにエネルギーを消耗し、治癒に働くエネルギーが少なくなってしまいます。
もう大丈夫そうだなという山を越えるまでは、身体をゆっくり休める時間を優先的にとることが大事です。
脳や目が休まらない(脳や目にエネルギーがいく)ので、ベットの中でテレビを見たりもNG。

この方法は、スッキリ早く快復し、症状を抑圧せず出し切るので、だんだん風邪にかかりにくくなります。


スポンサーサイト

トラックバック

http://nascita.blog22.fc2.com/tb.php/68-2761ed7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

nascita

Author:nascita

Nascitaのブログへようこそ

下記サイトもどうぞよろしく



セラピー&ショップ

http://www.nascita.jp


最近の記事

カテゴリー

  

最近のトラックバック

 

ブログ内検索

クリック募金

おすすめの本

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。